頬骨削りって何をするの?

アーチインフラクチャー法

そこでもう1つ紹介するこの方法ならばもっと深く削ることが出来ますし、見た目も劇的に変わります。
その方法と言うのはアーチインフラクチャー法です。
この方法は突出した骨を内側に転位させて頬骨弓の張り出しを引っ込めることが出来ます。
簡単に訳すると出っ張っている骨を引っ込めることが出来るということです。
頬骨の切削により輪郭を整えることが簡単に出来て滑らかに整った頬を手に入れることが出来ます。
頬骨弓は先程言ったように5ミリ程度しない薄い骨です。
削っただけではあまり見た目が変わらないので、削るだけでなく耳の付け根あたりから切開して頬骨弓を切り取ります。
切り取った後は顔の内側へ頬骨弓を移動させるというやり方です。
この方法だけ見ると怖いという印象が残りますがそんなことはありません。
最近ではこの方法が主流となっておりこのやり方で施術する人が増えてきました。

耳下切開したついでにミニリフトしてくれる病院もあるのでいいなと思いました。

ガッツリ削るなら口内なのですが、私の場合は口のもごもご感と切開した部分の違和感がまだ消えていないのが地味に気になっています。

なので今検討している頬骨削りも口内切開しない所などにも行ってみようと思ってます。

— 韓国で輪郭整形しました (@UjoCjDbvMlWSzJc) 2019年4月13日

頬骨削りとは?アーチインフラクチャー法お金をかけるだけの価値がある